2012年11月19日

FC ドラゴンボール3 悟空伝  〜その3〜

悟空伝をプレイして私が特に難しいと感じたところが4箇所あります。
ふたつ目は、
〜占いババの宮殿〜
原作とは若干異なり、ミイラくん、アックマン、孫悟飯(祖父)との3連戦。
こちらはクリリン、ヤムチャ、悟空の3人で挑みます。
ただし、クリリンとヤムチャは弱すぎてまったく使えない上に、運が悪いと強制的に数字の大きいカードを使わせられるので本当に額に血管浮き出ます。
この2人は99%ミイラくんにやられるので実質悟空1人で3人抜きしなければなりません。
しかもこの3連戦、おたすけカード以外では回復もできません。
ミイラくんとアックマンは結構強いし孫悟飯はさらに強いです。
3人目の孫悟飯戦でかめはめ波を連発したいのでMPを温存していると、2人目のアックマンのアクマイト光線でMPをごっそり持って行かれます。
さらに孫悟飯戦までには大抵強いカードを使い切ってしまっているので、こちらの手持ちはカスカードのみ。
そして祖父悟飯に一方的にボコられる悟空・・・(原作どおりと言えば原作どおりだが・・・)。
こちらの待ちは6以上の必殺技のカードです。
私の場合このカードが全然来なくて(というか必カード自体来なかった・・・)マジで叫びました。

「はやくしろっ!間にあわなくなっても知らんぞーーー!!」

結局間に合わず2回ほどやり直しました。

つづく!

どら3ソフト.JPG
現在出品中です。
posted by mionisiba at 11:18| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。