2012年11月29日

GBA ファイナルファンタジー5アドバンス 〜その1〜

スーパーファミコンからの移植ですが、アドバンス版は新ジョブとクリア後ダンジョンが追加されています。
オメガや神竜ではまったくもって物足りぬ、もっと歯ごたえのある敵はおらぬか!という方にはアドバンス版をおすすめします。

あと、アドバンス版の方がスーパーファミコン版よりもなにかと便利になっています。
●シーフがいなくてもダッシュができる(シーフのダッシュは4倍速)。
●中断機能が付いていてダンジョン内でも町内でもやめられる。
●新ジョブ『予言士』のアビリティ『てきよけ』をセットすると敵がほとんど出てこないのでダンジョンでストレスがたまらない。

細かい部分ですが、より快適にプレイできるようになっています。

さて、SFC版を何度かクリアしたことのある身としては正直本編クリアまでがダルいです。
レベル上げやアビリティ上げは時間がかかるのでラストダンジョンまではしたくないです。正直、石像でアビリティ集めすらしたくありません。
そこで快適に冒険するために私がしたことを紹介します。
題して、ラストダンジョンまでラクチン!やる気ゼロの4人旅!!

まず店では武器は氷、炎、雷のロッドしか買いません。防具は買いません。そうするとお金があまり気味になるのでエーテルを買えるだけ買っておきます。

パーティは4人なのでそれぞれジョブを決めます。
まず2人を召喚士にします。あとは1人がシーフ、もう1人が忍者。
召喚士の2人はアビリティ『しょうかんLv2』まで覚えたら赤魔道士と青魔道士にでもチェンジさせておきます。

さて、なぜ上記のジョブ構成が快適な冒険を約束してくれるのかを説明していきます。
まず氷、炎、雷の属性系ロッドを装備しているものがそれぞれに対応する属性魔法を使うと、その威力がかなり上がります。これは召喚魔法にもあてはまります。
つまり炎のロッドを装備させて召喚イフリートを放つと序盤でも1500くらいのダメージを敵全体に与えることができます
これで大抵の敵は舜殺できます。
万が一耐えたとしても2人目の雷のロッド+ラムウで昇天します。

戦闘要員はこの召喚士の2人です。
『しょうかんLv2』まで覚えたら他のジョブでもイフリートやラムウを使えるようになるので、素早さと魔力とMPが高く、ロッドが装備できて防具も色々装備できる赤魔道士や青魔道士に転職させます。

余談ですが、『しょうかんLV4』まで覚えると雷のロッド+シルドラという凶悪な攻撃ができます。
これだと一発で3500ほどのダメージを与えられます。
2人で唱えていればラストダンジョンの次元城まで敵をバッタバッタと倒していけるので快適この上ないです

さて、残りの2人はサポートメンバーです。
このゲームでは敵のバックアタックをくらうと本当にストレスがたまります。隊列が逆になってしまうし、なにより敵のトロい攻撃を待っていなければなりません。
そのため、シーフでバックアタックを完全に防ぎ、忍者で先制を出やすくします。シーフのおかげで4倍ダッシュも常にできます。

この編成なら戦闘は逃げても倒してもほとんど時間は変わりません。ファンファーレ分、倒した方が若干時間がかかります。
ファンファーレ、メンドくさいですね。
よってこの編成だと逃げずに敵を舜殺して行かれるのでお金が結構たまります。
たまったお金はエーテルにつぎ込みます。常に90個以上にしておくことが望ましいですね。

こんなパーティでボスはどうすんの?って感じですが、FF5のボスは大抵何か弱点を持っているのでレベルとかあんまり関係ないです。ボス戦の直前で弱点を突けるジョブにチェンジして乗り切ります。

この召喚×2+シーフ+忍者のパーティのさらに良いところは後半になるにつれてさらに戦闘力がアップするところです。
前述した雷のロッド+シルドラ、そしてMP使用量が半分になる『金の髪飾り』、常にヘイスト状態の『エルメスの靴』など、より一層旅が快適になります。

「くっくっく・・・ちなみに戦闘力にしたら100万以上は確実か・・・」と言っても言いすぎではありません。

以上が、ラストダンジョンまでラクチン!やる気ゼロの4人旅!!です。
次回はラストダンジョン以降を紹介していきます!

つづく!

FF51.JPG
オークションでも出品しています。


→FF5 その2へ
posted by mionisiba at 12:22| Comment(0) | GBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。