2013年01月02日

GB 桃太郎伝説外伝 その3 やしゃひめでんせつ 前編

『やしゃひめでんせつ』を紹介します。

まずスタート時に仲間を選ぶことができます。
あしゅら、ふうじん、らいじん、はらだし、あまのじゃくの5人の中から2人を仲間にできます。
選んだ仲間は物語中にも変更可能です。
私はあしゅらとはらだしを仲間に加えました。

あしゅらは全てのステータスが高くとても使いやすいキャラです。

はらだしは本人いわく、レベル16までは弱いということですが、私が使用した感じではレベル16になってもそれ以前と何ら変わりません。
はらだしは確かに弱いですが、防御力の上がり幅が大きく、早い段階で回復呪文を覚えるのでそんなに役に立たないということはないと思います。

そんなはらだしですが、レベル20になると一気にパーティのエースとして躍り出ます。
はらだしがレベル20になると「しりだし」という魔法を覚えるのですが、この魔法がゲームバランスを崩すほどの高威力です。
やしゃひめやあしゅらが攻撃して約50ダメージのところ、はらだしの「しりだし」は約200ダメージ与えられます。
このしりだしを使うとまずザコは一撃です。
ボス戦でも基本はしりだしを連発していればあっけなく勝てます。
しかもはらだしはレベル20あたりから素早さが急激に上がっていくので物語の後半では大体一番最初に行動できるようになっています。
よって私は『やしゃひめでんせつ』の後半は非常に攻略が楽でした。

さらにはらだしにはおいしいオマケがあります。
はらだしがレベル26になると「まるだし」という魔法を覚えます。
このまるだしを使うとなぜか画面が女湯に切り替わります。
効果はそれだけの完全なネタ技です。
ちなみに女湯の画面で「そろそろもどりますか?」と聞かれた後に「はい」と「いいえ」の選択肢が出てきます。
このとき「いいえ」を選ぶとしばらくボタンが何も効かなくなって画面がフリーズしたようになります。
正直ファミコンとかゲームボーイあたりのレトロゲームにはときどきドSな作品があるのでかなり焦りました。
このようにはらだしを仲間にするといろいろと面白いのでオススメです。

それにしてもこのはらだし、覚える魔法が「しりだし」とか「まるだし」とか挙げ句の果てには「もろだし」とか、もはや魔法や術の類ではなく
ただ出してるだけですよね・・・

次回はやしゃひめでんせつのストーリーを攻略していきます。


つづく!



RIMG2893.JPG
オークションでも出品しています。
posted by mionisiba at 22:50| Comment(0) | ゲームボーイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。