2013年01月21日

徹底考察!!Z戦士たちの能力をコーエイの三国志風に表現してみる 〜その2〜

第2回は悟飯くんとピッコロさん師弟です。

孫悟飯
統率力 60
武力  100
知力  52
政治力 71
魅力  88
コーエイ三国志で悟飯と能力が似ている武将・・・いない。強いて挙げるならば夏侯惇か?


統率力ですが、悟飯の場合子供の頃から大人までを通して誰かを率いて戦ったことがありません。
サイヤ人編でもフリーザ編でも基本的には支援にまわることが多いです。
よってどうしても統率力は抑えがちの数値になります。
ただ悟天とトランクスは言うことを聞くだろうと思うのでこの数値です。

武力は、原作では老界王神のおかげで間違いなく単体で最強になったので100です。

知力が父である悟空とだいぶ差が出てしまいました。
基本的に強くなった悟飯は油断しすぎです。
そのためせっかくの強さを活かしきれなかった印象です。
またフリーザ編でドドリアに追いかけられているときに
「もうダメです!降りて戦いましょう!」
とトンチンカンなことを言ってクリリンに「かなう相手じゃない!」とたしなめられています。
学者になるほどですからIQは高いのでしょうが、こと戦闘に関してはお粗末すぎるためにこの数値です。

政治力の方が学者になれるくらいの頭の良さを活かせそうです。
それでも性格が抜けていることとキレやすいためにこの数値です。

魅力はさすが悟空の息子で高いです。
基本的に皆と仲が良いです。
大人になった悟飯はベジータともそこそこ普通に会話できるので、これは大したものです。

総評、父と同じく一騎打ち要員。魅力が高いので登用にも力を発揮するでしょう。
この魅力と政治力ならば外交もいけるか?


ピッコロ
統率力 91
武力  78
知力  86
政治力 89
魅力  93
コーエイ三国志でピッコロと能力が似ている武将・・・張遼、呂蒙、トウガイ


統率力についてですが、ピッコロは基本的に誰かを率いて戦います。
それはすでにラディッツ戦から顕著です。
魔貫光殺法をラディッツに当てるため悟空をひとつの駒のように動かして使い切りました。
ナッパ戦や、1回目の17号戦は言うに及ばず主な戦士を率いて戦っています。
私がすごいなと思うのは誰が言うでもなく自然とピッコロを中心にして戦うという構図になることです。
これはすごいカリスマです。
もっと数値が高くてもいいかとも思うのですが、ゴテンクスが言うことを聞かないこともあったのでこの数値に。

武力については、セルと同等のダーブラにカス扱いされていたのでこの数値に。
個人的には80を超えてほしかったです。

知力については、ラディッツ戦前の悟空とのタッグ結成提案、ラディッツ戦での悟空への指示、ナッパ戦でのいくつかの作戦、ブウに対する時間かせぎ等、物語の方向を左右させた戦術もいくつかありすばらしいです。
ただし抜けているところもあって、よそ見をして20号に逃げられたり第1形態セルを油断して逃がしてしまったりしているので90超えとはなりませんでした。

政治力に関しては、やはり神様と同化して膨大な知識を得たこともあるのでしょうが、神を継いだデンデがことあるごとにピッコロに助言を求めているので、相当な信頼があるのだろうと思います。
そして何よりも神殿で千里眼が使えるのが大きいです。

魅力については、最終的にピッコロは誰からも一目置かれる存在になりました。
クリリン以下地球人戦士たちからは一時期敬語を使われていたこと。
悟飯が時に悟空以上にピッコロを尊敬しているように見えること。
ベジータすらピッコロのことを認めている描写が何回かあることなどからこの数値です。

総評、間違いなく総司令官クラス。多くの人材を指揮させて一国を任せたい。


さて、今回この2人の能力を考えていて思ったことがあります。
悟飯はハイスクールなんぞに行かずに神殿でピッコロさんからあらゆることを学んだ方がよっぽどよかったのでは?
フリーザ編以降のこの師弟の信頼関係は劉備、関羽、張飛の義兄弟並みです。
ピッコロは悟飯に何百年にも渡って蓄積された知識、哲学を出し惜しみせずに教えるでしょう。
学校よりもピッコロのもとで帝王学を学んだ方がよっぽど人間として完成されたと思うのですが・・・。
ただしその場合、原作よりもさらに沈着冷静になり人付き合いがちょっとだけ悪い悟飯が出来上がりそうです。
posted by mionisiba at 22:27| Comment(0) | ドラゴンボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。