2013年01月30日

FC ナイトガンダム物語 その1

ファミコン。RPG。

だいぶ昔にカードダスというガンダムやドラゴンボールのイラストが描かれたカードが流行りました。
1枚20円だったと思います。
背景がキラキラ光るホログラムのカードが当たったときはとてもうれしく、興奮しました。
このナイトガンダムという一連のシリーズは、このカードダスから生まれたものだと記憶しています。
ナイトという名のとおり多くの登場人物が中世ヨーロッパの騎士のような格好をしています。
これがなかなか格好良くて当時は私もカードを集めていました。

さてゲームですが、ドラクエか?と思えるほどオーソドックスなRPGです。
内容はカードダスのシリーズで言うところの「ラクロアの勇者」編と「伝説の巨人」編が納められています。

この作品の特徴を上げると、敵とのエンカウント率がものすごく高いです
特に森などでは一歩歩くごとに敵が出てくることもしばしばあります。
おまもりというアイテムを手に入れるとエンカウント率が緩和されますが、それでも他のRPG作品に比べるとウジャウジャ敵が出てきます。

また、敵の不意打ち、痛恨の一撃が頻繁に出ます・・・。
敵の不意打ちをくらい、なすすべもなく痛恨の一撃をくらい虐殺されるということが現実に起こります。
さらに敵こちらのが攻撃をかわすことも頻繁にあり若干ストレスがたまることもあります。

このような理由からステータスのパラメータで最も重要なのはHPと防御力です
4人パーティの編成もこの2つの能力を中心に考えて選びます。

パーティに参加させることができるキャラクターは、ガンダム、ガンキャノン、ガンタンク、アムロ、セイラ、スレッガ、ネモの7人です。
このうちガンダムは主人公でパーティから外すことはできないので、残りの3枠を任意に決めることができます。
私はガンダム、アムロ、スレッガ、ネモの編成にしていました。

ネモの代わりにガンタンクでもいいのですが、いずれ書くある戦術を使うとガンタンクはまったく役に立たなくなるので素早く、会心の一撃を連発するネモを入れていました。

次回からはストーリーの攻略を紹介します。


つづく!


ナイト1.jpg
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 22:26| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。