2013年02月27日

SFC ロマンシング・サ・ガ2 その2

私は以前にこの作品をクリアしたことがあるのですが、おそらくその面白さの半分程度しか堪能できなかったので今回はじっくりとプレイしようと考えています。

今回のプレイではクイックタイムという魔法は使用禁止にして進めていきます。
クイックタイムという魔法は毎ターン唱えていると敵に行動させることなくこちらだけが一方的に敵を殴れる反則級の魔法です。

では本編を進めていきます。

ゲームを開始するとまずはレオン帝という固定キャラを操作して物語を進めていくことになります。
このレオンの代ではすることが決まっているので、さっさとソーモンの町にいるクジンシーからソウルスティールをくらって息子のジェラールに皇位を継承させます。

このジェラールもやることはほぼ決まっているのでまずはさっさとソーモンのクジンシーを倒します。
その際クジンシーの館の暖炉の宝箱に入っている「ソーモンの指輪」を取ることを忘れずに
ちなみに術法研究所を早く作りたいので、ジェラールには術ばかり使わせます。
ジェラールの術ポイントが25以上あれば作れるはずです

クジンシーを倒したら早速術法研究所を建設します。
またクジンシーを倒した後のアバロン帝国でのシティシーフのイベントでは裏技で何度も10万円を取ることができますが、そこそこ時間が掛かって面倒なので今回はやりませんでした。
このあたりから早速武器防具を開発していきます。

シティシーフの依頼を受けてアバロン下水道にいるディープワンというモンスターを倒しに行くことになります。

ちなみにこの作品は敵との戦闘の中で新しい技を習得していくシステムで、技を閃きやすい敵とそうでない敵がいます。
で、序盤の段階ではこのディープワンとの戦闘で技を閃きやすいです。
よって必要ならばディープワンをあっさりと倒さずに、倒しそうになったらワザと逃げて、ある程度技を閃くまで戦闘を繰り返すというのは非常に有効な方法です

1度閃いた技は以降キャラが代わってもずっと使えるので有効な技は早めに閃いておきたいところです。

今回は1回目で「みじん斬り」と「切り落とし」を閃いたのでディープワンをあっさり倒して終了です。

シティシーフの協力が得られるようになったら龍の穴と運河要塞を攻略してジェラールはお役御免です。

次の皇帝を格闘家のダイナマイトに継承させて今日のプレイは終了です。


つづく!


ロマサガ2.jpg
オークションでも出品しています。



よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします
posted by mionisiba at 22:10| Comment(0) | スーパーファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。