2012年11月22日

FC ドラゴンボール3 悟空伝 〜その6〜

ここまで5回に渡り<ドラゴンボール3悟空伝>を紹介してきましたが、どうしても難しさが目立ってしまいました。
今回はこの作品の良い点を紹介します。

まず音楽がいいです。
レトロゲームは音楽が良質のものが多いですが、この作品もなかなか良い味出してます。
特に天下一武道会のときの戦闘の音楽が私は好きです。

次に、ファミコンにしてはグラフィック頑張ってると思います!
特にピッコロ大魔王を倒した時とマジュニアを倒した時のグラは必見です。
思わず、
「いいぞ!!なかなかいい!!おもったよりやるじゃないのバンダイちゃん!!」
と喝采を贈ってしまいました。

そして何と言っても、この作品の長所は始まりから終わりまで一切気を抜けない、ピリピリした緊張感が常にあるということです。途中でダレるとかいうことはありません。
なにせザコ敵でも、うさぎ団、上忍、コンガあたりと戦うときは常に死と隣り合わせの闘いを強いられます。

以上で悟空伝の紹介を終わります。
最近のだらしないRPGにはうんざりだという方はプレイしてみる価値はあるかもしれません。


どら3ソフト.JPG
現在出品中です。
posted by mionisiba at 12:21| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

FC スーパーマリオブラザーズ3 〜その1〜

ハードはファミコン。横スクロールアクション。
スーパーファミコンのマリオコレクションにも入っています。
あ、あとGBアドバンスでもできたかな。
もはや紹介の必要もないほどの国民的アクションゲームです。

私はこの作品が好きで、1年に1回は全部プレイします。
私のプレイスタイルは笛は使わずにワールド1から全ての面をじっくりプレイします。
そうすると、このスーマリ3は結構なボリュームなので1日では終わりません。
3日くらいかけてじっくりまったり遊びます(まあ、ワールド8はなかなかまったりとはいかないのですが)
それから残機アップとかも特にしません。
テキトーにやっていても3面が終わる頃には25機前後になっているのでそのまま進めます。
つまり、もう何も考えずにマリオを左から右に走らせるのです。

参考までに、私のアクションゲームの実力は53万です。
・・・・・すいません、そんなにありません。
私のアクションゲームの腕はマリオ3で言うと、7−8とワールド8の飛行船の面以外は楽にクリアできます。
7−8はチビマリオで始めると多分クリアできません。
なんなんですか、あのいやらしい雑草たちは!
7−8はクリアするのになにかコツがあるのかも知れませんね。

ワールド8の飛行船の面は結構死にます。
この面は、とにかくあのモグラさんたちですよ・・・。
いきなり変なもの投げてくるし、モグラ本体に当たってもダメージ受けるし・・・。
勢いをつけてジャンプしてわずかでも滑るとモグラさんに当たってしまいます。

「く・・・くそったれどもめ〜〜〜!!!」

こう叫ばずにはいられません。

6回ほど連続でモグラに殺された時はさすがにプッチリきてしまいました。

「やってくれましたねみなさん・・・。はじめてですよ・・・このわたしをここまでコケにしたおバカさん達は・・・・・・。」

「ゆ・・・ゆるさん・・・。」

アイテム→フラワー使用→ファイヤーマリオ化完了。

「ぜったいにゆるさんぞ虫ケラども!!!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!!」

ファイヤーマリオになってエネルギー波(ファイヤー)でモグラたちを虐殺していきます。

「へ・・へへ・・・気をつけろよ・・・・こうなってしまったら前ほどやさしくはないぞ・・・・。」

ポコッポコッポコッポコ(モグラ虐殺中)

「おっとすまんすまん。くっくっく・・・やはりどうもパワーがありすぎてじぶんをうまくコントロールできなかったようだ。」

こうして圧倒的戦闘力の差を見せつけ私は溜飲を下げたのでした。

そして・・・!安心しきっていたらマリオは飛行船と飛行船の間からもの言わず地面へと落下していったのでした(泣)

つづく・・・

まり31.JPG
現在攻略本付で出品中。

攻略本は読み物としても面白いです。
posted by mionisiba at 13:26| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

FC スーパーマリオブラザーズ3 〜その2〜

さて、ワールド8の飛行船の面が終わってしまえば、あとはお茶の子さいさいです。
ラスボスのクッパですが、やつはタイミングさえわかればパンプット並みのザコなので(パンプット好きの方ごめんなさい)さっさと奈落の底に落ちていってもらいます。

これでめでたくクリア!!なわけですが、クッパが落ちてってから右のとびらが開くまでにちょっとばかり時間がありますよね・・・。でそのときもマリオは自由に動かせる訳です・・・。
そうするとですね・・・・私はある知的欲求がムラムラと頭をもたげてくるのです。
つまり!!!・・・・・クッパが落ちていった穴に今飛び込んだらどうなるんだろう・・・。
そう思った途端、ブロックにして2マス分の穴がなんとも魅力的に見えるのです。
なんというか・・・南米なんかでは甘い香りを出して虫を捕らえる食虫植物がいるらしいですが、2マス分の穴はまさにそれです。
やっとピーチ姫に会える!・・・だけどクッパ様の後を追いたい!!!

・・・・・う・・うおおおおおぉぉぉぉぉーーー!!!!ダイーーーーブ!!!!

チュンッ(死んだ音)  あ

ただの奈落でした。

「ぐ・・・!!ち・・ちくしょおおお・・・・・・!!!!」

まり31.JPG
現在攻略本付で出品中。

攻略本は読み物としても面白いです。
posted by mionisiba at 11:07| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

FC 西村京太郎ミステリー ブルートレイン殺人事件

ハードはファミコン。アドベンチャーゲーム。

私は殺人事件とかサスペンスとかホラーを扱ったアドベンチャーゲームは基本怖くてできません。
スーパーファミコン以降はまず無理です。
むかしスーパーファミコンの『かまいたちの夜』をプレイしたら若干トラウマになりました(汗)

でもファミコンのアドベンチャーは大丈夫です!
なんたってあの画像ですから。
今のゲームの映像は本当にものすごいリアルさですが、私はファミコンのあのドット絵に温かみを感じます。

さて、このブルートレイン殺人事件ですが、3人の刑事さんたちを代わる代わる操作して事件を解明していきます。
この3名がどれも中年のムサイおっさんで、そのうち1名は明らかにただのオタクにしか見えません
ぜんぜんカッコよくはないのですが、それがやけに現実的でストーリーにすんなり入っていけました。

また、ゲーム中選択肢を間違えても殺されるとかゲームオーバーになるようなことはありません。
時間制限とかも一切ないので、のんびりと落ち着いてプレイすることができます。
まさにポテチを横に置いてじっくりまったりプレイするタイプの作品だと思います。

ちなみにこの作品のクライマックスは時刻表のトリックを検証していくところですが、私は何度も大阪-山口間を往復しました。亀井刑事を何日徹夜させたことか・・・。
これ、どうやったって不可能じゃん!と嘆いてそこら辺の通行人に話しかけまくっていたら西村京太郎氏本人が出てきて、この物語で最も重要なことを話してくれます。というか、これを聞かないとトリックが解けないんですよね・・・。

作者本人が出てきて物語の核心を語るアドベンチャーってありですか・・・?

まあでも結構楽しめました。
私にひさびさにのんびりとした時間をすごさせてくれたこの作品には感謝しなければいけませんね。


ぶるー箱.JPG
現在箱、説明書付で出品中です。


posted by mionisiba at 11:15| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

FC 京都龍の寺殺人事件M

ハードはファミコン。アドベンチャーゲーム。

先日同じくアドベンチャーゲームで『ブルートレイン殺人事件』を紹介しましたが、今日紹介する『京都龍の寺殺人事件』の方が難易度は高いと思います。

難易度が高いと言っても、主人公が殺されたり、選択肢を間違えてゲームオーバーになるといったことはありません。
基本はじっくりのんびりプレイできます。
音楽もサスペンス風でなかなか秀逸です。

ではどういった難しさなのかというと、途中で詰まりやすいといったところでしょうか。

例えば物語中、ある電話番号を調べるところがあるのですが、ノーヒントです。
マジか〜、と頭から煙が出るほど考えたんですが・・・・これ、結局NTTの番号案内で調べます(しかも入力して)。

また、ある人物の部屋を調査するところでは指の形をしたカーソルを自由に動かして調べていきます。
このとき、指カーソルの当たり判定がせますぎて、ここだ!という場所を本当にピンポイントで調べないと、「とくになにもない」と表示され詰まります(テレビの大きさにもよるが多分ミリ単位・・・)。

私はこの当たり判定で詰まりました・・・・(怒)
さんざん「おさわ家」を調べ回った挙句最初に調べた場所にもう一度指カーソルを合わせたら、
主人公「こ、これは!」→物語進行
私「そぉこ一回調べとるやんけーーー〜〜〜!!!!!」
夜中に本気でブチキレた瞬間でした・・・。

まあでも、それ以外はしっかりと足を使って調べていけば少しずつ謎が解明していくので面白いです。
主人公が他殺体を発見してからの9日間を一日ずつプレイしていくのですが、一日がそこそこのボリュームなので腰を据えて楽しめます。

ちなみに先述の指カーソルで調べる作業は結構何回も出てきます。
お約束ですが、あまり変なところにカーソルを合わせていると同行者などに怒られます。

調べる→指カーソルを女性死体の胸へ

キャサリン「・・・ちょっとあなた、なにをか

       んがえているの・・・」


最後に、私にとってこの作品の最も難解なミステリーがあります。
それは『京都龍の寺殺人事件M』という題名そのものです・・・。

Mってなんですか・・・・・?


RIMG2289.JPG
オークションでも出品しています。

posted by mionisiba at 16:56| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。