2013年01月30日

FC ナイトガンダム物語 その1

ファミコン。RPG。

だいぶ昔にカードダスというガンダムやドラゴンボールのイラストが描かれたカードが流行りました。
1枚20円だったと思います。
背景がキラキラ光るホログラムのカードが当たったときはとてもうれしく、興奮しました。
このナイトガンダムという一連のシリーズは、このカードダスから生まれたものだと記憶しています。
ナイトという名のとおり多くの登場人物が中世ヨーロッパの騎士のような格好をしています。
これがなかなか格好良くて当時は私もカードを集めていました。

さてゲームですが、ドラクエか?と思えるほどオーソドックスなRPGです。
内容はカードダスのシリーズで言うところの「ラクロアの勇者」編と「伝説の巨人」編が納められています。

この作品の特徴を上げると、敵とのエンカウント率がものすごく高いです
特に森などでは一歩歩くごとに敵が出てくることもしばしばあります。
おまもりというアイテムを手に入れるとエンカウント率が緩和されますが、それでも他のRPG作品に比べるとウジャウジャ敵が出てきます。

また、敵の不意打ち、痛恨の一撃が頻繁に出ます・・・。
敵の不意打ちをくらい、なすすべもなく痛恨の一撃をくらい虐殺されるということが現実に起こります。
さらに敵こちらのが攻撃をかわすことも頻繁にあり若干ストレスがたまることもあります。

このような理由からステータスのパラメータで最も重要なのはHPと防御力です
4人パーティの編成もこの2つの能力を中心に考えて選びます。

パーティに参加させることができるキャラクターは、ガンダム、ガンキャノン、ガンタンク、アムロ、セイラ、スレッガ、ネモの7人です。
このうちガンダムは主人公でパーティから外すことはできないので、残りの3枠を任意に決めることができます。
私はガンダム、アムロ、スレッガ、ネモの編成にしていました。

ネモの代わりにガンタンクでもいいのですが、いずれ書くある戦術を使うとガンタンクはまったく役に立たなくなるので素早く、会心の一撃を連発するネモを入れていました。

次回からはストーリーの攻略を紹介します。


つづく!


ナイト1.jpg
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 22:26| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

FC ナイトガンダム物語 その2

では本編の攻略です。

ゲーム開始早々ガンキャノンとガンタンクが仲間に加わります。これは頼もしい。
スタート地点のラクロア城には店も宿屋もないのですぐ北にあるセントーの町を拠点にレベル上げをすることにしました。

セントーの町で装備を整え、さあレベル上げをしようと町から出ると、
ガンダム「あれ、キャノンがいないぞ。」
タンク「私が探してきましょう。」

と言って離脱。


キサマら・・・


まだ1度も戦ってすらいないぞ?


その後西にあるザーンの村に向かいます。
途中の橋でナイトアムロと戦闘。
戦闘に勝つとアムロが仲間になります。
なぜか直後にタンクが戻ってきて再び仲間に。
結局キャノンは見つからなかったらしい。

ザーンの村で昼寝をしているキャノンを発見。

キャノン「グーグー」
ガンダム「なにやってんだ?おい!」
キャノン「お、すまん。怒るなって。さあ出発だ!どうした?」


キャノンよ・・・


人おちょくってんのか?

キャノンのクズっぷりにも驚きましたが、ガンダムのマジギレにちょっと吹きましたw

その後、ザーンの村の東の洞窟でせきばんのかけらを入手&ナイトセイラを仲間に。

この東の洞窟ですがザコ敵のスケルトンドーガが攻撃力が高く、不意打ちされ痛恨の一撃をくらうとガンダムですら即死します。
このゲームでは蘇生魔法も蘇生アイテムも物語の後半にならないと使えるようになりません。

つまり死んだら村まで戻って復活させるしか手段がないのです。

というわけでダンジョンから離脱できる魔法のロープは必ず持っていくようにした方がいいです。

さて、セイラが仲間になりパーティの合計が5人になったので、タンクを預かり所に預けることにしました。

本当はムカツクキャノンを置いていきたいところですが、ヤツの攻撃力はまだまだ必要です。

・・・・・

なんかキャノンが魏延に見えてきました。



つづく!


ナイト1.jpg
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 21:48| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

FC ナイトガンダム物語 その3

ナイトセイラを仲間に加えて先に進みます。

ザーンの村から北に行くとオーガスタの町があります。

セイラがパーティにいると、このオーガスタの町の広場でくだらない会話を見ることができます。

セイラ「ちょっと待ってて、すぐ戻るから。」
ガンダム「どこに行くんだ?」
セイラ「だからちょっと・・・。」
ガンダム「だからどこに行くんだよ!」
セイラ「悪いわね!トイレよ!」


ラクロアの勇者ってこんな雰囲気なんですか?
私はもうちょっとシリアスだったり気品のある世界感を想像していたのですが・・・。

その後はサタンガンダムの城まで特に難しいところはないと思います。

途中のムンゾの村でファイタースレッガーを3回倒して仲間にします。
スレッガを仲間にしたらセイラはお役御免なので預かり所に行ってもらいます。
これでパーティはガンダム、アムロ、スレッガ、キャノンという編成に。

で、サタンガンダムの城ですが、ここから急にザコ敵が強くなったように感じました。
特にナイトゲルググとナイトサザビーがくせ者です。
こいつらの攻撃魔法はかなりのダメージなのでできるだけ先手必勝で倒したいところですが、この作品特有の頻繁な敵の不意打ちと、頻繁に敵がこちらの攻撃をかわすので、どうしても敵の攻撃魔法をくらってしまいます

そこで「その1」でもちらっと書きましたが、魔法を使ってくる敵に有効な戦法を紹介します。
その戦法とは補助魔法「ミノフスキー」です。
このミノフスキーは唱えると敵味方問わず魔法が使えなくなります。
しかもこの魔法は必ず成功します。

このミノフスキーを唱えればナイトゲルググもナイトサザビーもたちまちただのザコになります。

さらにこのミノフスキーの恐ろしいところはボス戦でも有効だということです。
サタンガンダムの城に出てくるボス(ララァ、サタンガンダム、ブラックドラゴン)は皆強力な魔法を唱えてくるので、戦闘開始早々ミノフスキーを唱えてやるとかなり楽に倒すことができます。

このミノフスキー戦法は物語全編を通して使えます。

ミノフスキーを唱えられるキャラクターは、ガンダムとアムロです。
やはりこの2人を中心にパーティを組むのがいいと思います。

つづく!


ナイト1.jpg
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 22:52| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

FC ナイトガンダム物語 その4

ブラックドラゴンを倒すと「伝説の巨人編」に突入です。

この時点で最後の仲間であるネモが加わります。
このネモはレベルが上がる度に会心の一撃の発動率が上がっていく強力なキャラクターです。
早速ネモをパーティに入れるためにキャノンを外そうとしたら・・・

キャノン「冗談じゃないぜ!オレがいないと困るぜ!」

ですって。

序盤で勝手にパーティから抜けたと思ったら今度は居座りかよ・・・・。

仕方がないので一旦スレッガを外すことに。

それにしてもこのガンキャノンは物語の序盤から一貫して空気読めない行動と発言を繰り返しています。
カードダスではカッコよかったのですがねえ。

海に出るためにイカダを手に入れたところでまたキャノンが暴走します。

キャノン「フッフッフッ」
ガンダム「どうした?キャノン」

キャノン「オレはキャノンではない」

はあ?

どうやらキャノンはブラックドラゴンに操られているようです。
いつからでしょうか?
私は最初からのような気がしてなりません。

キャノンと戦闘になりますが弱いので速攻で倒せます。
倒した後の言い草がまたすばらしいです。

キャノン「はっ。オレはいったい・・・」
ガンダム「正気にもどったのか?」

キャノン「なんのことだ?」


なんかキャノンと話しがかみ合った記憶がないです・・・。


つづく


ナイト1.jpg
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 22:46| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

FC ナイトガンダム物語 その5

キャノンを倒した後にルナツーという町に着いたらもう中盤も佳境です。

この時点でようやくキャノンをパーティから外せるようになっているのでスレッガと入れ替えます。

この町あたりから装備は最新のものを揃えた方がいいと思います。
私はドラクエでもFFでも武器屋防具屋は利用しない性質ですが、この作品ではちゃんと装備を整えないとすぐに敵に1ダメージしか与えられなくなってしまうので注意が必要です

このルナツーの町から南西に炎の剣が眠る火山があります。
この火山ではドラゴンベビーというブラックドラゴンの子供がボスとして登場します。
このドラゴンベビーを計3回倒すとめでたく炎の剣が手に入ります。

ちなみにこのドラゴンベビー、見たところ3歳前後のかわいらしい子供です。
ガンダムたちとこのドラゴンベビーの戦う前の会話なのですが、どちらが悪党だかわかりません。


ガンダム「おい!」

ドラゴンベビー「な、なんだビー!ここに剣はないと言ってるビー!」
ガンダム「ウソをつくな。その手に持っているものはなんだ!」
ドラゴンベビー「こ、こうなったらやってやるビー!」→戦闘

1回勝つと、
ドラゴンベビー「まだまだだビー!」→戦闘

2回勝つと、
ドラゴンベビー「根性だビー!」→戦闘

3回勝つと、
ガンダム「しぶといヤツだった。」


ドラゴンベビー、無言で消える。

打ちのめされながらも3回も戦いを挑むドラゴンベビーの健気さに涙を流さずにはいられません。
そのドラゴンベビーを4人でボコボコにするガンダム一行。
一体正義ってなんなのでしょうか。

と、アホなことを言っていないで先に進みます。


つづく!


ナイト1.jpg
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 23:01| Comment(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。