2012年12月13日

対戦格闘ゲーム 距離の定義

次回から対戦型格闘ゲーム(以下格ゲー)を紹介していきます。
私の格ゲー紹介記事には距離という言葉が頻繁に使われるので、格ゲーで極めて大切な要素「距離」について今日は書いていきます。

格ゲーにおいての距離とは、もちろん相手と自分との距離です。
距離には主に3種類あります。
それは近距離、中距離、遠距離です。


では、どこからどこまでが近距離で、どこからどこまでが遠距離なのでしょうか?
これに関しては私自身グーグルで調べてみたのですが、ズバッと定義してくれている記事が見当たらなかったので、私見ではありますが私なりの各距離の定義を書いていきます。

まず最も定義しやすいのが近距離です。
スト2をはじめほとんどの格ゲーのキャラクターの通常攻撃には近距離攻撃と遠距離攻撃の2種類が用意されています。
例えばスト2では同じ強パンチでも、密着して出すのと離れて出すのでは技のモーションそのものが全然違うものに変わります。まったく別の技になるわけです。

これを踏まえた上で格ゲーでの近距離とは、
『密着状態から近距離攻撃のモーションが遠距離攻撃のモーションに変わる前まで』
ということになります。

では中距離はどこからどこまでかというと、
『近距離の終わりの位置からそのキャラクターの一番リーチの長い通常攻撃(スライディングは省く)がギリギリ相手に当たらないところまで』
だと私は考えています。
ここで大事なのは、この定義だとキャラによって中距離は変わるということです。
そして私は中距離はキャラ毎に変わっていいと考えています。
これによって、出が早くリーチがあり判定の強い通常攻撃を持っているキャラは中距離が得意なキャラということがいえます。

この中距離に関しては珍しい例もいて、例えばスト2のダルシムなんかは、手足がナメック星人ばりに伸びますから、中距離と遠距離の多くがかぶっていることになります。
またスライディングなどの攻撃は自分自身が大きく移動してしまうので定義からは省いています。

遠距離はどこからどこまでかというと、
『自分と相手のそれぞれの一番リーチの長い通常攻撃がまず当たらない位置から画面の端と端まで』
になります。
この遠距離になると飛び道具か、多段ジャンプか、よほどの突進力のある必殺技しか相手に届かないことになります。


さて、いかがでしょうか。
近距離はともかく、中距離と遠距離は私が格ゲーをプレイする中で考え定義したものですので、もしかしたら一般的な考えとは異なるかもしれません。
特に私の考える中距離は一般的な範囲よりも狭いと思います。

対戦型格闘ゲームでは自キャラの得意な距離を支配することが勝つために極めて重要です。
「格ゲー苦手だよ〜」という方も自分の好きなキャラクターがどの距離での戦闘を得意としているかを意識してプレイすると、ただ飛び込むだけではない味のある戦い方ができると思います。
posted by mionisiba at 11:33| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

格闘ゲーム 自キャラの選定 好みで選ぶか性能の良さで選ぶか

対戦型格闘ゲームで自分がこれから使用していくキャラクター(自キャラ)を決めるとき、皆さんは好みで決めますか?それともキャラの性能の良さで決めますか?
私の場合をお話しします。

私の場合はきれいごと抜きで「両方」です。
例えば有名な格ゲー作品『ヴァンパイアハンター』でビクトルという使用キャラがいます。
このキャラはダントツで性能が悪く、ハッキリ言ってしまうと弱すぎてゲームそのものがつまらなくなってしまいます。
このビクトルを好きだとしたら使うか?と言われれば、ノーと答えざるを得ません。
『ヴァンパイアハンター』はとてもよくできていて面白い作品ですから、長く楽しみたいのが人情というもの。
例え好きでも、弱すぎるビクトルを使って毎戦ストレスをためるくらいならば使うのはあきらめます。

私はビクトルは好みではないのでそのような葛藤はありませんが、ヴァンパイアシリーズでは一貫してデミトリというキャラを自キャラにしています。
このデミトリというキャラは、帝王のごとき威圧感とパッツンパッツンのタキシードがとても魅力的な実に私好みのキャラクターです。

ただしこのデミトリ、性能の良さという意味ではヴァンパイアのどのシリーズでも大体真ん中くらいに位置しています。
つまり強くもなく弱くもないという性能です。

これが私の自キャラを決めるときのボーダーラインです。
つまり自分の好きなキャラクターの強さが、その作品の全キャラ中真ん中までなら迷わず自キャラにして長く使っていきます。
しかし自分の好きなキャラクターの強さが下位(いわゆる弱キャラ)であれば自キャラにするのをあきらめます。その場合、次に好きなキャラを自キャラにするといった感じです。

弱キャラというのは基本的にほとんどの相手と戦うときの相性が悪いということです。
どのキャラとも五分というのならまったく問題ありませんが、どのキャラと当たっても不利となると・・・やはりストレスがたまります。

以上の理由から私の場合、格ゲーで自キャラを選定するときは「好み7」、「性能3」くらいの割合で選びます。

でも多分、自キャラを2、3人つくってその時の気分によって使い分けるというのが一番良い方法かもしれませんね。



よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 11:30| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

RPG 攻略、攻略サイトはどこまで見るか

ロールプレイングゲームをプレイするとき、みなさんは攻略サイトを見ますか?
私は見ます。
ただし見る部分と見ない部分があります。

見て参考にするのは装備品とアイテムの一覧です。
ゲームによっては武器・防具を装備したときに得られる効果やアイテムの効果が大雑把にしか記されていなかったり、ヒドイときにはまったく書かれていないこともあります。
そういう点では攻略サイトは細かいアイテム情報などもキチンと書かれているので助かります。

また、モンスター一覧も見ます。
これはモンスターから盗むか、モンスターが落とすかして手に入れる以外に入手方法がない装備品やアイテムが大体どのRPG作品にもあるからです。

あとは裏技一覧です。
ほとんどの裏技は使えないものか、しょーもないものか、使うとゲームバランスを崩す代物だったりするわけですが、時々、使うと面倒なレベル上げがスムーズになったり、敵から貴重品を盗める確率が上がったりする裏技があるので、その場合は参考にさせていただきます。

逆に絶対に見ないのは敵モンスター(ボス含む)の攻略法です。
昔、ボスの攻略法をサイトで見てクリアした作品があるのですが、なんだか味気ない気分になりました。
それ以来2、3回全滅しようと自分なりの戦術でボスに挑むようにしています。

またストーリー攻略チャートも基本的に見ないようにしてます。
ただ時々、分岐のあるRPG作品でどちらかに進まないと仲間にならないキャラクターがいる場合があります。
そういう場合は迷わずサイトを見ます。
仲間にならない場合もあるキャラに限って魅力的なキャラが多いですからね。

このように私は、攻略サイトは参考にする部分と絶対に見ない部分を明確に決めて上手く利用させてもらっているつもりです。
今の攻略サイトは多くの方の努力で、まさにかゆいところに手が届くように本当に細かい部分まで完成されています。
自分なりのルールを設けて上手く活用していきたいですね。



よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 11:31| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

対戦格闘ゲーム 〜飛び込んでいたら勝てない〜

格ゲーにおいて飛び込みからのコンボは華があります。
J大K→近立大P2段→超必で相手をピヨらせ、
めくりJ大K→屈小K×2→近立大P2段→超必で舜殺なんてカッコよすぎます。
しかしトレーニングモードかレベル0でもなければ実戦ではまずこんなコンボはほとんど決まりません。

格ゲーを長く楽しむのなら、ジャンプキックからのコンボは一度捨てた方がいいと思います(めくりを狙うとかジャンプキックをわざと外して投げを狙いにいく場合は別です)。
対CPU戦なら中級難易度以上になれば、普通に飛び込んだらまず間違いなく対空技で落とされます。
対人戦でも上方向に強い強攻撃かなにかで落とされます。


格ゲーでまず面白いのは得意距離の奪い合い、それと中距離での支配権の奪い合いだと思います。

例えば近距離が得意なキャラと遠距離が得意なキャラが戦うならば戦闘開始直後から激しい距離の取り合いになるでしょう。
近距離キャラはどうやってくっつくか、遠距離キャラはそれをどのように離すのか。
お互いの戦術のぶつかり合いになるわけです。

また、よくできた格ゲー作品なら、大体どのキャラにも最低1つは頼りになる中距離用の通常技があるはずです。
そういった技を駆使しての中距離での攻防は、相手の心までをも考える鋭い読み合い探り合いになります。
この中距離の攻防から戦いの方向が無限に広がっていくのです。

実は上のような戦い方をしていると前ジャンプを使う機会はかなり減ります(垂直ジャンプと後ろジャンプはそこそこ使う)。
「あれ?そういえば私全然飛んでないな、ずっと地上で戦ってるな・・・」と感じたらかなり格ゲーの腕は上がっていると思います。
posted by mionisiba at 23:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

ゲームをきっかけにハマッたマンガ

以前のブログでファミコンソフト「美味しんぼ」を紹介しました。
私はゲームプレイ当時は原作を読んだことがなかったのですが、このゲームは原作を知らなくても充分に楽しめます。

このゲーム「美味しんぼ」をプレイして、私は原作のマンガ「美味しんぼ」が無性に読みたくなりました。
早速第1巻を買ってきて読んでみると、これが面白い!

まずマンガに出てくる料理がどれもとてつもなく美味しそうです。
マンガに餃子が出てくれば餃子が食べたくなり、寿司が出てくれば寿司が食べたくなります。

次にこのマンガの定番「ウンチクを語りながら料理を食べる」が私のツボにハマりました。
ハンバーガーをひと口食べるや否や、

「むう・・・どっしりした歯応え・・・、パンと中のハンバーグの歯応えが釣り合っている。」

ふた口食べると、
「ほう・・・肉の味がよい・・・、なかなか旨味のあるしっかりしたハンバーグだ・・・、パンが力負けせずにそのハンバーグを受けとめている。」
「ふむ・・・このハンバーグとパンの釣り合いのよさがあって初めて、つけ合わせのトマトと玉ネギの素性の確かさも楽しめるというもの。」


もうウンチクたれまくりです。


・・・・・ひと言言っていいですか・・・。


語ってないでちゃんと噛めよ・・・・。


まあそれはともかくこの美味しんぼは単行本で100巻以上出ていて、しかもまだ連載しているのでしばらくは楽しめそうです。


おいし1.JPG
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 22:29| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。