2013年04月26日

聖剣伝説2 その2

前回のブログでこの聖剣伝説2には重大な問題が2つあるということを書きました。

ひとつ目は「鬼畜連続魔」というものです。

この鬼畜連続魔とは私が勝手にそう名付けて呼んでいるだけなので他に名称があるかもしれません。

ファイナルファンタジー5に連続魔というアビリティがあります。
これは魔法を続けざまに2回唱えるというものでとても強力です。

この聖剣伝説2ではこの連続魔が2回どころか何回でも連続で唱えられます。
もちろんその間敵は何もできません。


この作品では攻撃魔法を唱えると専用のエフェクトが出てきて、そのエフェクトが終わるまで敵は硬直します。
しかし唱えた方はエフェクトの途中で動けるようになるのです。

よって敵がまだ硬直している間に次の攻撃魔法を唱える、こちらが先に動けるようになるので敵が硬直している間に再び攻撃魔法を唱える・・・、を繰り返すとこちらは無傷で敵をなぶり殺すことができます。

特にこの鬼畜連続魔はボス戦で効果を発揮します。
ボスは基本的に単体なのでこの鬼畜連続魔をすると常に硬直状態になりなすすべもありません。
戦闘が始まったらポポイが魔法を唱えているだけでボスとの戦闘が終了します。

様々な特徴を持つボスたちとの闘いはこの作品の醍醐味です。
しかしこの鬼畜連続魔を使うとその醍醐味は完全に失われ、この作品を本当につまらなくするので封印してプレイした方がいいとおもいます。

余談ですが、この鬼畜連続魔を使ったときの真の鬼畜は主人公のランディに思えてなりません。

ランディは魔法を一切使えません。
よってこの鬼畜連続魔のときはボスがひたすら魔法をくらって苦しんでいるのをランディはただただ傍観しているだけ・・・。
そこに聖剣の勇者の面影は一切ありません 笑


つづく!



よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 23:03| Comment(0) | スーパーファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

聖剣伝説2 その1

スーパーファミコン。アクションRPG。

非常に有名なアクションRPGのシリーズの第2作目です。

操作、システムともに単純ですぐにコツをつかめると思います。

個人的な考えですが、アクションRPGは戦闘でのテンポの良さがとても大事な要素だと思っています。
この作品はそういったところも配慮されていてストレスをためることなく戦闘アクションを楽しむことができます。

パーティは固定キャラの3人です。
自分が操作するキャラはいつでも任意に変更できます。

この3人も皆個性的でカワイイので愛着が湧きます。

このようにとても良くできた作品に見えるのですが、この作品にはとても重大な問題が2つあります。

ひとつはこの作品の面白さを著しく損なうもので、もうひとつは完全なバグでゲームが進まなくなります。
そしてこれらの問題は何も知らずにプレイしていても普通に起こりうるので厄介です

私はこの2つの問題を知った上でこの作品をプレイした方がより楽しめると思います。

ということで次回はこの2つの問題を詳しく見ていきます。


つづく!



よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 22:34| Comment(0) | スーパーファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

ドラゴンボールフィギュア Fantastic arts この圧倒的な存在感

今回はFantastic arts(ファンタスティックアーツ)を紹介します。

このシリーズは大きさがそこそこ大きく、造形も彩色もなかなかの出来です。



DSC_3260.jpg
グッと迫ってくる存在感がすばらしいです



DSC_3261.jpg
後ろ姿もしっかりと作り込まれています



DSC_3262.jpg
造形も彩色も満足のいくものです



このファンタスティックアーツの唯一のネガティブポイントはフィギュアの大きさ、重さに比べてフィギュアを支える棒が貧弱だということです。

フィギュアを動かすときなど曲がったり折れたりするのではないかと心配になります。

しかしそんなマイナスポイントを補って余りあるほどこのシリーズの完成度は高いと思います。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by mionisiba at 22:49| Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

SFC ロマンシング・サ・ガ3 その19 ファイナル

今回はまとめです。

真四魔貴族を残しての破壊する者はパーティ全員のHPが999で、それぞれの専門の武器の熟練度が50ならば労せずして倒せると思います。

術が弱いと言われているロマサガ3ですが、魔力36かつ白虎術の熟練度50のウィンディーネが放つ超重力は、弓熟練度50のツィーリンが放つ連射と同程度の威力でした。

私は術が弱いとは感じませんでしたが、熟練度50の分身剣やラウンドスライサー、タイガーブレイク等よりはダメージ量で明らかに劣ります。

そして今回主人公交代の裏技を使い、竜槍スマウグを手に入れるまでドラゴンルーラーと戦い続け、ラウンドスライサーを閃くまでアスラと戦い続け、3日間ほど放置してオートレベルアップに励んだ私の感想ですが・・・、

ロマサガ3は何も考えずにプレイした方が面白い!
ということです。

なぜなら・・・スマウグ手に入れるまで粘ったり、ラウンドスライサー閃くまで粘るのって苦痛以外の何ものでもなかったんですよね・・・。

あとレベル上げだけを考えたらこの作品はロアリングナイトとレッドドラゴンとさえ戦えばいいです。
レッドドラゴンで熟練度30まで上げてあとはオートレベルアアップしていれば勝手にMAXまで上がります。

このように全てを効率よくやるとものすごく味気ないものになってしまうのです。

やっぱりゲームはのんびりゆったりプレイするものだな、と今回のロマサガ3のプレイを通して思いました。


おしまい


ロマサガ31.jpg
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします
posted by mionisiba at 23:22| Comment(0) | スーパーファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

SFC ロマンシング・サ・ガ3 その18

真四魔貴族を残した状態でラスボスの破壊する者と戦います。

まずは破壊する者がフルパワーになる前の3ターンでできるだけ多くのダメージを与えておきたいところです。

しかし、フルパワーになる前といっても破壊する者の攻撃は「針」や「冷気」、「アシッドスプレー」など基本的に全体攻撃なのであなどれません。

こちらの攻撃は、
ようせいのタイガーブレイクが約6000〜7500ダメージ、
ハリードの分身剣が約6000〜9000ダメージ、
ウィンディーネの超重力が約3500〜4000ダメージ、
ノーラのラウンドスライサーが約5000〜6500ダメージ、
ツィーリンの連射が約3000〜4500ダメージです。

全員で攻撃すれば1ターンにだいたい25000〜30000のダメージを与えることができます。

3ターン目の終わりに破壊する者がフルパワーになると地形の属性がアビスになり、毎ターン一定量のダメージを受けるようになります。
破壊する者の攻撃も激しくなり、まさに本気対本気です。

4ターン目に破壊する者がアビスの風という全体攻撃をしてきてパーティのHPも半分くらいにまで減ってしまいました。
いよいよウィンディーネとツィーリンを回復役に回さねばなりません。

5ターン目にようせいのタイガーブレイクとハリードの分身剣が連続で決まったところで・・・。

破壊する者「ゴゴゴゴゴ・・・・・ギューーーーン!」・・・消滅。

倒してしまいました。

なんとあっけない!!!

正直弱すぎて拍子抜けでした・・・。


つづく!


ロマサガ31.jpg
オークションでも出品しています。




よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いします
posted by mionisiba at 23:35| Comment(0) | スーパーファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。